加齢臭

加齢臭の原因

この臭いは中高年の男女に起りえる臭いです。一般的には男性だけと思われがちですが女性にもあるのです。臭いの原因になるのは、ノネナールという物質ですが、このノネナールという聞きなれない名前の物質は、皮脂腺の中のパルミトオレイン酸という脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことによって作られる物質です。 このような臭いがするようになるのは、一般的に40歳を超えた中高年の男女です。おじさんの匂いというのはあくまで加齢臭が持つイメージであって、女性は臭わないという事ではありません、このような年代になるとパルミトオレイン酸、過酸化物質共に増加するため、加齢臭が起りやすくなってしまいます。 若い年代の男女にはノネナールはほとんど存在していないとされています。これは加齢によって起りやすくなるにおいであるため、加齢臭とよばれるというわけです。 男性だけでなく、女性にも起りうると先に書きましたが、おじさんの方が臭いがしやすいというのは事実のようです。これにはきちんとした理由があって、男性の方が皮脂腺の活動が活発であるため、臭いの原因になるノネナールが増加しやすいためです。

加齢臭を消す食べ物

体臭は食生活によって変わってきます。少しでも臭いを軽減するためには、臭いを出さない食べ物に変える必要があります。臭いを消すためには、やはり野菜全般が役立ちます。緑黄色野菜をメインにした食生活は、体内から体臭を抑制してくれます。 代表的な体臭を消す食べ物では、にんじん、トマト、ほうれん草、ヨーグルト、オリゴ糖、緑茶などがおすすめです。野菜が嫌いな人は、野菜ジュースを利用する方法もありますが、加工した野菜ジュースは栄養価が低くなってしまいます。なるべく、ジューサーを利用するなどして、加工していない、じか絞りの野菜ジュースが良いようです。 食事として野菜を取り入れる場合は、鍋物やスープにするとよいでしょう。野菜の摂取量の目安は、1日あたり350gです。この量をサラダとして食べるのは、けっこう無理があります。カサを減らす調理法にすれば、350gの摂取はそれほど難しくはありません。工夫してとってみてください。

「えっ!臭ってる?」と感じたら→→【薬用にごり石鹸】