ヒアルロン酸

ヒアルロン酸とは

この成分の分子構造はアミノ酸の基本構造と同じで、アミノ酸同様に分子量が大きい糖類です。

分子量が大きいと体内に残りやすいのですが、肌の表面からだと、その大きさの為、とても吸収されにくいのが特徴です。 その為、化粧品のような、塗って肌の表面からヒアルロン酸を吸収させるよりも、美容整形のように直接体内に注射・注入する方が効果があるというのはそのためです。

また、この成分が含まれている食品は、ニワトリのとさか・魚の目・豚足など、続けて食べることが難しい食材が多く、普段の食事では補う事が難しい成分です。なので、サプリメントなどの安定した形で摂取することが一般的のようです。

最近では、吸収されやすいように分子を小さく加工したモノが配合されているサプリメントなどが多く販売されているため、こういった商品を上手に取り入れることが大切です。

ヒアルロン酸の効果

その効果は何といってもその「保水力」にあり、皮膚をはじめとする体の中でも水分の多い部分に最も多く存在しています。

皮膚の表面から表皮・真皮・皮下細胞の順に構成されていますが、この成分は、特に真皮に多く含まれていると言われてます。加齢によってヒアルロン酸が減少すると、肌の水分が十分に保てず、しわ、たるみ、乾燥肌の原因になります。その為、美容整形で、肌のしわ、たるみに対して注射・注入が使用されるのはこういった理由がるからなのです。

また、この成分は皮膚以外にも眼球、関節液、血管などに多く含まれ、目の細胞間のクッション材的な働き、眼球の形を維持、関節の潤滑作用や緩衝作用、血管での動脈硬化を予防といった働きをになっているとても重要な成分です。 上手にこの成分を摂取することで、これらの機能を改善する効果があると実証されてます。

 

≪40代、お肌の乱れに救世主≫
アビエルタ パーフェクトモイスチュアセラム